読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀と蜜柑とカメライダー。

2年越しのリターンライダー。Nikonと君と、音色とわたし。

気付いたら桜が咲いていた話。

こんにちは。桃です。

 

 

あら、気付いたら3月でしたね。
お元気でしたか?
わたしは、元気デス!(2回目

 

f:id:orange_mikan200:20161214182823j:plain

再びのヤマダさん。

 

 

気付いたら1年経っていた

 

 

気付けばはてなブログも開設して1年が経過、

ということでブログの写真もリニューアル!

 

最後にご紹介しようと思いますが、先日桜の写真を撮ることが出来たので気持ち新たに桃色再スタートです。

 

ぁ行くよ?ワン・ツー・スリー!!

www.youtube.com

 

 

 

つまりわたしも250DUKEを納車して1年が経過しました。

走行距離は相変わらず伸び悩んでいますケドね。

 

「オイオイ、それでもライダーかよ・・・ほんとやる気ねぇなァ??」とTwitter峠では18~25歳くらいのヤング☆ウルフに煽られそうな気もしますが、アラサー目前にもなると人生も安全運転第一になりますからね、多少煽られても簡単に爪を出したりなんかいたしません。肉球見ろよオラァ☆くらいです。

 

では今回はのんびりと仕事周りのことについて書き綴りたいと思います。

 

-------------------------------------------

 

雇用区分を変えてみた。

 

今の会社に勤めて4年目、正社員から契約社員へと雇用区分を変更してみました。夫婦共働きの家庭は家事を分担すべき!と世の中謳われていますが、実際はほぼ女性がやっているのが多いというのが現状ですよね!全国の主婦ウーマンのみんな!

 

f:id:orange_mikan200:20170312175327j:plain

わたしは向かって右側の彼がタイプです。

 

 

正社員のアホみたいな業務量をこなしながら家事なんて出来ないよ~と数ヶ月働いてよくわかったので、潔くシフトチェンジ。

 

www.amazon.co.jp

 

1月に買った書籍で、「ライフ・シフト」という本を読みました。

海外書籍(翻訳済み)は苦手な傾向にあるのですが、こちらのなかでも女性が家事をやっている割合について記載されており、その点においてはとても驚きました。あまり着目されていない点なのでは無いか?と思っていたためです。

その他にも、100年を生き抜くための思考・問題点などが書き綴られており、非常に良い勉強になった1冊です。

 

通勤1時間以上もかけて家に帰って家事をして午前様になりそうな夫を毎日待っていたら・・・身体が持つはずがありません。

 

これでさらに子供が出来たらどうなるのだろう?勤務地が遠いから、子供を早くから保育園に預けなければならない。そして満員電車に揺られ、都内へ働きに行って、飛んで帰ってきて夫と子供のご飯の支度をする。夫は激務なので家事全般は変わらずわたしがすべてこなす。そして近くにお互いの両親はおらず協力は特になく・・・・なんて、地獄絵図しか思い浮かべられませんね。

 

www.youtube.com

 

 

その点を考えた結果、雇用区分を変えたのは大成功でした。

毎日定時に帰って家のことが出来るのは非常にゆとりが出来ましたし、転職する元気や時間を捻出ことが出来るからです。まだ転職活動はしていませんが、こちらもおいおい考えなければならないでしょう。

 

 

年の差結婚に求められるモノ。

 

わたしと夫は一回り以上年が離れています。ちなみに同級生も同じ年の差結婚をしている夫婦が2組居るので、そう珍しいことではありません。

「孫が見たいのう・・・」と言われるのはわかっていますが、それ以上にわたしは一生働いていなくてはなりません。夫が定年退職したとしても、わたしはまだまだ働き盛りです。もしマイホームを買っていたら?そのローン返済は稼ぎ頭になってしまった妻であるわたしが主戦力となるのです。

雇用区分は変えても、簡単に転職して先行きを濁らせるようなことはリスクが高いのでは無いだろうか?何がベストなのだろうか?と思ったこともあり、先の書籍を読みました。

 

 

夫婦の家計簿。

 

ところで雇用区分を変えたところで一番衝撃的だったのは「給料がさほど変わらない」という点です。むしろ残業をしたら契約社員の給料が正社員時の給料を上回る・・・という衝撃事実。いつでも辞められる準備はしておくべきだったなッ・・・!!嘘みたいだろ・・・・?まだ、こんな会社で働いてるんだぜ・・・・わたし・・・・

 

f:id:orange_mikan200:20170312182603j:plain

ざわ・・・ざわ・・・・

 

 

さて皆様は夫婦の給料合算、または自分の給料のウチ、何パーセントを貯蓄に回していますか?

 

年明けに我が家の家計簿データを見直しました。結婚して1年間はイレギュラーな買い物が多いですが、雇用区分も変わるし、良いタイミングだったのでおおよその平均値を算出することにしました。

どこまで収入を下げても良いのか?固定費の最低ラインはどこなのか?

時間を得てから、家計簿詳細をしっかり検討・明確にすることで、貯蓄の割合も見直し、奨学金やバイクの割賦金など余分な固定費を一括返済するといったの微調整もすべて行いました。

 

結果:我が家では収入の10%+αが貯蓄に回せるということに。

 

器用な人はこの金額で投信などを行うようですが、触らぬ神に祟りなしということで持っていない知識にはまだ足をツッコまないようにしておきます。

 

 

数ヶ月のまとめ。

 

この数ヶ月は今まで出来なかった家のことアレコレに、時間を巻き戻すかのように取りかかっていました。やっぱりこういったことはしっかり熟成して定期的に消費していかなければならない。

 

雇用変更したことで時間が出来、気持ちにゆとりが出来たのは大きい。わたしが今までアホみたいに重圧にかかっていたことが良くわかったし、やっと自分自身に「お疲れ様」って思えたからです。

 

しかし正社員から移行するとき、別の女性社員に「そんなに家事って大変ですか?ウチも夫の帰りは遅いけれど、そんなにキツくは無いですよ??」と言われたことが気になっていました。

 

え、、、わたしが体力だとか根性が無いだけ?脳内CPU足りない系?どういう系??

 

www.youtube.com

 

しかし、よくよく話を聞いてみるとその女性社員は「家事をしない」方であることがわかりました。ほぼ毎日外食で、家の掃除も嫌いなので家事代行を検討するほど。比較にならない系ですよ・・・・

 

そう。「よそはよそ。ウチはウチ。」なんです。結局みんな自分がかぁいい(※カワイイ)。ほかなんてただのもやしです。豆もやしくらいです。

 

同じように、もやしのようにしか何かを見ていない方々はたくさん居ます。それで良いんです。某ドラマで叫んでいたように、何かの価値は実は高い。自分がいざやってみたら、毎日なんてしんどい。見て見ぬふりで良い。

だからわたしはこれを、自分だけのスキルだと自負している。

 

契約社員だって美味しくいただいてやるわ。家事代行で新垣結衣ちゃんならぬ星野源さんが来るなら考えてやるわ。

 

www.youtube.com

 

 

ということで息を吹き返した元・社畜は定期的に記事のネタを放出していく予定です。

 

 

オマケ。

 

3月上旬に、綺麗な桜をたくさん撮ってきました。

 

f:id:orange_mikan200:20170312185131j:plain

 

 

 

 

f:id:orange_mikan200:20170312185336j:plain

 

 

f:id:orange_mikan200:20170312185430j:plain

ハイキーで撮っています。

 

 

f:id:orange_mikan200:20170312185526j:plain

 

 

もうちょっとしたら川沿いが桜が咲くので、

そうしたら蜜柑さんたちとも撮りたいと思っています。

 

f:id:orange_mikan200:20170312185630j:plain

 

 

 

Momo...★